ここから本文です

ビールが光る!下から渦巻く! 画期的なサーバーが話題 アサヒ「ロスなく簡単」 あえて普及させない訳は

6/29(木) 6:50配信

withnews

 ジョッキをセットすると、光とともに下から渦を巻きながらビールが注がれる――。そんなビールサーバーがネット上で話題になっています。「トルネード」と名付けられたこのサーバー。仕組みや普及台数について、 アサヒグループホールディングスの担当者に話を聞きました。

【画像】動画はこちら。下から渦を巻きながらビールが注がれる様子。黄色く光りながら、最後は泡も出来る

ツイッターで話題に

 今月25日、「最近のビールサーバーすげえええ」という文言とともにツイッター投稿された動画。

 ジョッキをサーバーにセットすると底が黄色く光り始め、ビールが竜巻のように渦を巻きながら下から上がってきます。注ぎ終えると光が消え、しっかり泡も出来ています。

 この動画に対して、「なにこれ」「俺も行きたい」といったコメントが寄せられ、リツイートは34000、いいねは43000を超えています。

全国に約400台

 このビールサーバーを提供しているのはアサヒビールです。

 イギリスのメーカーが開発したものが元になっていて、アサヒビール容器包装研究所が、そのメーカーと協力して改良。サイズの小型化といった点だけでなく、イギリスではあまり好まれない「泡」をつける機能も追加しました。

 2012年に阪神甲子園球場内のビアレストランに導入され、その後、ビアガーデンやビュッフェ、イベント会場などを中心に設置。今年5月末時点で全国に約400台が設置されているそうです。

 「カップの底には横向きに穴が開いており、サーバーの注ぎ口にはめ込むことで、決まった量のビールが自動で注がれます。穴には逆止弁が付いているため、こぼれることもありません」とアサヒグループホールディングスの広報担当者は説明します。

衛生面は?価格は?

 見た目の楽しさに加え、初心者でもちゃんと泡が立ち、こぼしてビールをムダにすることもありません。さらに、400mlカップ1杯あたりにかかる時間は約8秒と、通常に比べて半分です。

 衛生面についても「食器洗浄器で洗浄可能です。弁も水がたまらない構造で衛生的にできています」。

 導入価格や維持費については、既製品より高額になりますが、極端に高いわけではないそうです。

 メリットばかりのように思えますが、なぜ5年で400台しか普及していないのか? その点については、こう説明します。

 「お客様に驚きや楽しみを提供するサーバーですので、ビアガーデンやホテルなど場所を絞って展開しています。数を追い求めているわけではないんです」

最終更新:6/29(木) 6:50
withnews