ここから本文です

川越元町にかき氷専門店 河越抹茶など地元食材使い /埼玉

6/28(水) 8:30配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 川越市元町に6月17日、かき氷専門店「川越 これがかき氷」がオープンした。(川越経済新聞)

河越抹茶のかき氷

 パティシエだった約9年間の経験を生かし、店主が手作りしたシロップをかけた南アルプスの天然氷を薄く削った特製かき氷。野外音楽イベント会場で販売した手作りシロップのかき氷が好評だったのをきっかけに、かき氷専門店をオープンした。イチゴやメロンなどのシロップをはじめ、地元河越抹茶「清」や鏡山酒造の酒かすをクリームにしたかき氷など、地元食材を使ったメニューを取りそろえる。

 川越の地元食材を使ったメニューは、「河越抹茶みるくと白あずき」、「川越いも」、「鏡山」。そのほか、「生いちご」、「生めろん」(以上1,200円)、「もも」(1,000円)など。

 店主の吉田正さんは「夏の川越散策で疲れた時に、店内で涼みながら地元の食材とコラボレーションしたかき氷をゆっくり味わってほしい」と話す。

 営業時間は10時~18時。水曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク