ここから本文です

電通デジタルが広告効果測定の新たな指標「ビュースルー行動転換率」開発・提供開始

6/28(水) 17:16配信

Web担当者Forum

電通子会社でデジタルマーケティング関連事業の電通デジタルは、デジタル広告の効果測定の新たな指標「ビュースルー行動転換率」を開発し、6月28日に提供を始めた、と同日発表した。クリックではなく、広告接触経験(ビュー)を基点にする。直接のクリックがない場合を含む広告接触後の態度変容、自然検索によるサイト来訪やその後の商品購入・申し込みなどへの貢献まで各段階を一貫して測定。広告が詳細に評価でき、潜在顧客層の開拓・育成につなげられる。

現在主に使用されているクリック経由の直接的な貢献を測定する指標は、広告接触で態度変容の可能性が見込まれる潜在顧客に対する間接的な商品・サービスへの興味喚起効果の測定に十分ではないことから、開発した。この指標を利用する企業が、ヤフーの提供する「Yahoo! DMP(データマネジメントプラットフォーム)」を利用する場合は、ユーザーの行動ログを統計的に処理したうえでヤフーのユーザー属性データと掛け合わせ、ターゲットの発掘が可能になる。

最終更新:6/28(水) 17:16
Web担当者Forum

Yahoo!ニュースからのお知らせ