ここから本文です

ボルボ、エヌビディアと提携…自動運転向け先進技術を共同開発

6/28(水) 10:45配信

レスポンス

スウェーデンのボルボカーズは6月27日、米国に本拠を置く画像処理用半導体(GPU)メーカー、エヌビディア(NVIDIA)と提携し、自動運転車向けの先進技術を共同開発すると発表した。

[ボルボカーズの自動運転車両イメージ]

ボルボカーズはすでに、スウェーデンに本拠を置く自動車安全システムの世界的企業、オートリブ(Autoliv)との間で合弁会社の「Zenuity」を設立。自動運転および先進運転支援システム(ADAS)のソフトウェア開発を開始している。

今回のエヌビディアとの提携により、エヌビディアもZenuityに参画。ボルボカーズ、オートリブ、エヌビディアの3社が協力し、2021年にレベル4の自動運転車の発売を目指す。

ボルボカーズとの協力の一環として、オートリブとZenuityは、エヌビディアのAI(人工知能)車載コンピュータープラットフォームを、高度なソフトウェア開発の基盤に位置付ける。

ボルボカーズのホーカン・サムエルソン社長兼CEOは、「エヌビディアとの提携は、次世代の自動運転技術を開発するのが目的。ボルボカーズ、オートリブ、Zenuityは、急速に変化する市場の最前線に立ち、独自の自動運転車の開発を加速していく」と述べている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:6/28(水) 12:18
レスポンス