ここから本文です

自分の名字と「絶滅の危機にある動物」を組み合わせてはんこにできる WWFジャパンが保護活動キャンペーン

6/28(水) 7:10配信

ねとらぼ

 環境保全団体のWWFジャパンは、約2万4000種以上もの絶滅の恐れがある野生生物の新しい保護活動支援として、自分の名字とそれらの動物のシルエットが一緒になったスタンプが作れる「WITH STAMP(ウィズスタンプ)」キャンペーンを開始しました。

【画像】「絶滅の危機にある動物」と組み合わせたはんこの例

 「WITH STAMP」では、専用サイトから自分の「名字」を入力するだけで、レッドリストに掲載された“絶滅の危機にある動物”をモチーフにしたシルエット入りのオリジナルスタンプを作ることができます。

 例えば「仙道」という名字の場合、「仙」のにんべんが「キリン」のシルエットになり、SNSに共有できるスタンプ画像が表示されます。さらにそのスタンプは実際にハンコとして購入することが可能で、その購入代金の一部がWWFの環境保全活動へ寄付される仕組みとなっています。

 スタンプは2万2000以上の名字に対応しており、予想外な位置に動物が現れることも。また、その動物の写真に加えて表示される説明を読むことで、彼らの生態や現在の状況に関して知ることができます。

 もちろん購入したハンコは宅配便や領収書の認印など、普段使いのハンコとして使用可能です。

 ハンコは2種類あり、浸透スタンプのカジュアルなタイプが価格1700円(送料・税込)。チタン製のフォーマルなタイプが価格1万6000円(送料・税込)。この購入金額のうち600円分が支援金として寄付されます。

 どちらも製造・販売元は谷川商事が行い、また素材も環境へ配慮したものを使用した高品質なスタンプとなっています。

最終更新:6/28(水) 7:10
ねとらぼ