ここから本文です

レアルのペレス会長がムバッペに言及「居場所を確保するのは難しい」

6/28(水) 12:41配信

GOAL

レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、スペインのラジオ局『esRadio』でキリアン・ムバッペの状況について言及した。

昨シーズン、モナコでブレイクを果たし、18歳ながら世界中のビッグクラブから注目を集める存在となったムバッペ。レアル・マドリーも例外ではなく、ジネディーヌ・ジダン監督が電話で説得を試みたと伝えられるなど、獲得に本腰を入れつつある。ペレス会長も「非常に優れた選手」と評価しつつ、このように続けた。

「ポール・ポグバと契約しろと昨夏に言われていたときを思い出すね。でも夏は長い。ジダンは数年前からムバッペと近い関係にあるしね」

一方で、ムバッペが加入する場合、チームでの立ち位置が難しいものとなることも示唆している。

「18歳の選手がレアル・マドリーでプレーするとすれば、我々には忍耐力が必要だ。連れてきて、ベンチに置くというだけでは十分ではない。ムバッペを考慮する必要があるが、彼の年齢で居場所を確保させるのは難しい」

ムバッペは移籍の条件として出場機会の確保を挙げているとされる。ジダン監督は保証したとも伝えられるが、今後この点が移籍の最大の焦点となっていきそうだ。

GOAL

最終更新:6/28(水) 12:41
GOAL