ここから本文です

【特集】ミニスーファミの収録ソフト、バーチャルコンソールでも遊べるの? 全部揃えたらいくら?

6/28(水) 17:00配信

インサイド

任天堂が、家庭用ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」(以下、ミニスーファミ)を、2017年10月5日に発売すると明かし、ゲームファンを中心に大きな注目を集めました。

本商品には、スーパーファミコンに登場した作品が21タイトル収録されており、当時の本体を手の平サイズで再現。2個のコントローラーはサイズもボタン配置も忠実に再現し、変わらぬ操作性で懐かしのソフトを楽しめます。

すでに収録タイトルも明らかとなっていますが、任天堂はかつてのゲームソフトをWii UやNew ニンテンドー3DSなどで楽しめるサービス「バーチャルコンソール」(以下、VC)も展開しており、このたび発表されたミニスーファミに収録されるタイトルにはVCで遊べるものも数多くあります。

そこで今回は、ミニスーファミの収録タイトルが、それぞれVCで遊べるのかどうかを調べてみました。チェックしたところ、Wii、Wii U、New 3DSにてVC版がリリースされているタイトルが最も多く、13タイトルが該当。いずれも知名度・人気ともに高いタイトルなので、幅広い展開も納得です。ちなみに、特に表記のないVC作品の価格は、823円(税込)となります。

■Wii、Wii U、New 3DS向けにバーチャルコンソール版が配信されているタイトル
・スーパーマリオワールド
・F-ZERO
・がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻
・超魔界村
・ゼルダの伝説 神々のトライフォース:926円(税込)
・魂斗羅スピリッツ
・スーパーマリオカート
・ロックマンX
・ファイアーエムブレム 紋章の謎:926円(税込)
・スーパーメトロイド
・スーパーストリートファイターII
・スーパードンキーコング
・パネルでポン
また、New 3DSでは遊べないものの、WiiおよびWii U向けにVC版がリリースされている作品は4タイトルでした。『スーパーマリオRPG』や『星のカービィ スーパーデラックス』が楽しめるのは、据え置き機の特権と言えそうです。

■Wii、Wii U向けにバーチャルコンソール版が配信されているタイトル
・聖剣伝説2
・ファイナルファンタジーVI:926円(税込)
・スーパーマリオRPG:926円(税込)
・星のカービィ スーパーデラックス
VC版がなく、オリジナル版のみの作品は3タイトル。『スターフォックス』や『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』を手軽に遊びたかった方にとっては、ミニスーファミが選択肢のひとつに入ることでしょう。

■オリジナル版のみのタイトル
・スーパーフォーメーションサッカー
・スターフォックス
・スーパーマリオ ヨッシーアイランド
そして、早くも話題となっていますが、『スターフォックス』の続編として開発されながらも世に出る機会がなかった幻のタイトル『スターフォックス2』も、ミニスーファミに収録。シリーズファンにはまたとない朗報となりました。

ちなみにミニスーファミの価格は7,980円(税抜)ですが、収録タイトルをVCで個別に購入すると、VC版がある17作品の合計は14,403円。個々人によっては、収録タイトルの中に興味を引かれないものもあるでしょうが、それを考慮してもかなりお得に感じる価格差に。VCでは遊べない4タイトル分も考慮すると、そのお得感は更に増す形と言えそうです。

ミニスーファミは、オリジナル版しかなかったタイトルも手軽に楽しめるようになり、『スターフォックス2』が遊べる唯一無二のハードでもあります。そして、見た目もファン心をくすぐり、手元に置いておきたくなる一品。「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」に続き、今回も人気商品になることでしょう。

(C)Nintendo

最終更新:6/28(水) 17:00
インサイド