ここから本文です

ペレス会長がムバッペに言及 「18歳でレアルでプレーできる選手はわずか」

6/28(水) 9:06配信

ISM

 レアル・マドリー(スペイン)のフロレンティーノ・ペレス会長が、モナコ(フランス)FWキリアン・ムバッペ(18)への関心を認めつつ、必ずしもすぐに獲得に動く必要はないと述べた。スペイン『マルカ』紙(電子版)が現地時間28日に伝えている。

 ペレス会長は、今季モナコで大ブレイクを果たしたムバッペについて、スペイン『es radio』で、「彼は非常に良い選手だ。今の状況は、昨夏に我々が(ポール・)ポグバを獲得するといわれていた状況を思い出させるね」と述べた。

 ペレス会長はまた、ムバッペに関心を持っていることを認めつつ、「この夏はとても長い。(ジネディーヌ・)ジダン監督は彼と数年間良い関係を築いてきた。しかし、18歳でレアル・マドリーでプレーできる選手はごくわずか。彼には忍耐が必要で、監督にはそれがある。ベンチに座る可能性がある選手を獲得するといっても、意味がないだろう」とコメント。ムバッペを評価しつつ、必ずしもすぐに獲得に乗り出す必要はないと語った。(STATS-AP)

最終更新:6/28(水) 9:07
ISM