ここから本文です

東出昌大、嫉妬狂い夫の次は裏切り者へ!? 『関ヶ原』でも怪演が止まらない

6/28(水) 16:00配信

cinemacafe.net

主演に岡田准一、共演に役所広司、有村架純らを迎え、司馬遼太郎による国民的ベストセラーで描かれた、日本史上最も有名な戦いを映画化する『関ヶ原』。本作で大注目なのが、“関ヶ原”の勝負の行方を決めたといわれている武将、小早川秀秋に扮した若手実力派の東出昌大。TBSドラマ「あなたのことはそれほど」での怪演も記憶に新しい彼が、本作でも、その狂気の演技を炸裂させていることが分かった。

【画像】『関ヶ原』に出演する東出昌大

『日本のいちばん長い日』『駆込み女と駆出し男』の原田眞人監督のもと、主人公の石田三成をNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」、映画『蜩ノ記』以来の本格時代劇出演となる岡田さん、意外にも徳川家康役は初めてというベテランの役所さん、本格時代劇に初挑戦し、殺陣などのアクションにも挑んでいる有村さんをはじめ、現代の日本映画界を賑わす豪華キャストが大集結した本作。あの「関ヶ原の戦い」が、スペクタクル・アクション超大作としてついにスクリーンに登場する。

そんな本作に参戦する東出さんといえば、先日終了したドラマ「あなたのことはそれほど」にて、波留演じる主人公・美都の夫・涼太を怪演。東出さんの新境地ともいえる狂気の演技は、ドラマの視聴率を上げる要因になるほど注目を集めた。

ドラマは、主人公・美都が、仕事先で出会った“2番目に好きな”男性・涼太と夫婦生活を送りながら、偶然再会した中学時代の初恋相手・有島光軌(鈴木伸之)と不倫関係に陥るというストーリー。東出さん演じる涼太が、美都の身勝手な振る舞いにも心の中の嫉妬や憎悪を押し殺しながら、愛が狂気へと変貌していく演技が話題となり、「とにかく怖い!」「ホラーやサスペンス見てるみたいでハラハラする!」とハマる人が続出。特に第6話での、奇声を上げながらワインボトルを掴み、部屋中にぶちまける衝撃のラストシーンは「怖すぎる!」と視聴者に強烈なインパクトを残しており、その狂った演技には熱視線が送られている。

そんな視聴者を怖がらせまくる狂気をはらんだ怪演ぶりを発揮し、改めて大注目されている東出さん。本作で演じるのは、“天下分け目の戦い”を決定づけたとされる“裏切りの武将”・小早川秀秋。史実では、関ヶ原の戦いに於ける最年少19歳の武将であり、三成(岡田さん)率いる西軍側にいたものの、合戦の終盤で家康(役所さん)率いる東軍へと寝返ったとされている。

ただ、今回の映画での小早川はひと味違うという。彼がなぜ“裏切り”とされる行動に至ったかを、原田監督は「小早川の“裏切り”は、年月をかけた豊臣の権威への“復讐”に違いない」と考え、その激動の時代に1人で戦った孤独な若武将として、小早川のキャラクターを肉づけし、描いている。激しさを増す合戦の最中、西軍、東軍の狭間で悩み続け、次第に追い詰められ心を乱していく、細やかな心理描写の多い小早川秀秋という難役を、東出さんは今回も熱演。小早川が自軍を戦場へと送り出すシーンは、涙なしには見られない名シーンの1つとなっている。そして、本作も“役者・東出昌大”を代表する1本となりそうだ。

『関ヶ原』は8月26日(土)より全国にて公開。

最終更新:6/28(水) 16:00
cinemacafe.net