ここから本文です

山田弾も空砲、ヤクルト3連敗「他の打席が悔いが残る」

6/28(水) 6:03配信

デイリースポーツ

 「ヤクルト3-4巨人」(27日、日新製薬スタジアムやまがた)

 あと1本が出ず、ヤクルトが今季6度目の3連敗。山田哲人内野手(24)の一時、同点となる9号2ランも空砲に終わった。

 1点リードの三回1死一、三塁の好機に打席に立ったのは山田だった。制球に苦しむ先発・田口の5球目をたたいたが、遊ゴロ併殺打。追加点を奪うことはできなかった。

 それでも2点ビハインドの五回1死一塁だ。山田がセンターバックスクリーンに同点2ランを放り込むと、チームの士気は一気に高まった。杉村チーフ打撃コーチは「本来の山田の当たりだった」と称賛した。

 だが、完全復活とはいかなかった。1点を追う七回2死二塁では、2番手・マシソンから見逃し三振。「(本塁打は)真っすぐがくると思っていた。でも他の打席が悔いが残る。あまり仕事ができなかった」と、チームを背負う24歳の口からは反省の言葉ばかりが出た。

 上がらないチーム状況に真中監督は「何とか序盤で崩していれば、(状況は)変わっていましたけど」と嘆いた。

スポーツナビ 野球情報