ここから本文です

<村田諒太選手>「パッキャオの判定勝ち」 世界戦の勝敗を予想

6/28(水) 21:54配信

まんたんウェブ

 プロボクサーの村田諒太選手が、7月2日に行われるWBO世界ウエルター級タイトルマッチを生中継するWOWOWの「生中継!エキサイトマッチスペシャル マニー・パッキャオ王座防衛戦」にゲスト解説者として出演する。20キロ近い体重の壁を破って6階級制覇を成し遂げている世界的スーパースターのパッキャオ選手(フィリピン)に対するのは、オーストラリア代表としてロンドン五輪にも出場したジェフ・ホーン選手(豪州)。試合の展望やパッキャオ選手のファイトスタイルの変化について、村田選手に聞いた。

【写真特集】村田諒太「エキサイトマッチ」ファンの“質問スルー”にショック

 ◇パッキャオは“捉えどころのない選手”に

 ――フィリピンの上院議員でもあるパッキャオは、昨年4月に一度は引退しましたが、復帰すると思いましたか。

 彼はフィリピンの恵まれない人たちを助けている人で、それがボクサーとしての現在のパッキャオのモチベーションなんだと思います。議員の報酬だけですべてを賄えるかというと難しい。だから(多額の報酬が見込める)ボクシングは不可欠なんでしょう。

 ――11月の復帰戦で世界王座に返り咲きました。

 上院議員の仕事が忙しいのでしょうね。以前のような練習量が確保できていないと思うので、スタミナを使う戦い方ではなかったと感じました。全盛期のスピードではなかったけれど、出入りの速さはありましたね。以前のように強引にKOを狙っていくボクシングではないけれど、その分、試合運びが巧みだなと思いました。いまは相手にとって捉えどころのない、勝ちづらい選手になっていますね。

 ――パッキャオ選手は国を背負って戦っていますね。

 フィリピンは国外に出て働いている人が多く、そんななかでパッキャオは多くの人に勇気を与えている。パッキャオ自身もアメリカに渡って活躍しているわけですから。ビッグマネーを得て、フィリピンの人たちに夢を見せたから人気に火がついているのでしょう。

 ――その分、プレッシャーも大きいのでは?

1/4ページ

最終更新:6/28(水) 21:54
まんたんウェブ