ここから本文です

【POG】キタノユウキ“チーム北海道”で初陣Vだ!

6/28(水) 6:03配信

デイリースポーツ

 「新馬戦」(7月1日、函館)

 新種牡馬ハードスパン産駒のキタノユウキ(牡、美浦・相沢)が、7月1日、函館5R(芝1000メートル)で初陣Vを狙う。父は07年キングズビショップS・米G1を勝利。産駒では、持ち込み馬サマリーズが12年全日本2歳優駿を制している。

 荒木助手は「500キロあってまだ緩いけど、ゲートも速く、おとなしくて乗りやすい。大人びています」と好感触だ。函館入厩後も順調で、「環境が変わってもイレ込まない。カイ食いが良く、加減せずに乗れます。先週も一杯にやれましたし」と歯切れがいい。

 オーナーは、函館の(株)湯の川プリンスホテルの河内孝夫会長。06年エプソムC、新潟記念を勝ったトップガンジョーなどを所有したことで知られる。「ご当地の馬主さんですしね」と自然と腕が鳴る。荒木助手は釧路市出身で、昨年は担当馬マイネルミラノで函館記念Vと大活躍。付け加えるなら、相沢師も北海道生まれだ。“チーム北海道”でデビュー戦をきっちりモノにしてみせるか。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ