ここから本文です

【新日本】KUSHIDA IWGPジュニア苦闘初防衛

6/28(水) 16:36配信

東スポWeb

 IWGPジュニアヘビー級王者のKUSHIDA(34)は27日の後楽園大会で、BUSHI(34)の挑戦を退けて初防衛に成功した。

 ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの高橋ヒロム(27)がBUSHIのセコンドとして乱入するなど、大荒れの展開に苦戦を強いられた。さらに毒霧からMX(コーナーからの飛びつき式コードブレイカー)を決められたが、王者の意地で3カウントだけは許さない。

 ならばとBUSHIはコーナー最上段からのMXを狙うが、KUSHIDAはこれを間一髪でかわして挑戦者をキャッチ。大逆転のバックトゥザフューチャー(変型ドライバー)につないで混戦に終止符を打った。

 しかし一難去ってまた一難…。試合後には鈴木軍のエル・デスペラードが挑戦を表明。ギターショットでKOされてしまった。KUSHIDAは「どいつもこいつも…」という、全てを集約した8文字をつぶやくのがやっとだった。デスペラードにはベスト・オブ・ザ・スーパージュニアの公式戦で敗れており、雪辱をかけたV2戦となりそうだ。

最終更新:6/28(水) 18:01
東スポWeb