ここから本文です

<森川葵>「恋と嘘」撮影現場&秘話公開 北村匠海&佐藤寛太と恋愛禁止の世界で恋物語を繰り広げる!

6/29(木) 8:00配信

まんたんウェブ

 DeNAのマンガアプリ「マンガボックス」で連載中のムサヲさんのマンガを実写化した映画「恋と嘘」(古澤健監督、今秋公開)の撮影現場が、このほど公開された。ヒロインの仁坂葵を演じる主演の森川葵さんは「キラキラした青春映画という感じで話を聞いていたので、私にそんなキラキラしたものができるかなって」とクランクイン当時の思いを明かし、「私はどちらかというと根が暗いので、森川葵に引っ張られっていっちゃうと暗い作品になっちゃう(笑い)。とにかく仁坂葵に関しては、なるべく明るくポジティブにというのを思いながらやっています」と語った。

【写真特集】森川葵、「劇団EXILE」佐藤寛太、北村拓海が恋模様 現場では…

 撮影は茨城県内の公園を使って行われ、森川さん演じる葵と、「劇団EXILE」の佐藤寛太さん演じる高千穂蒼佑の初デート後のシーンが公開された。葵と高千穂が手をつないで歩きながら会話をするが、ダンス・ロックバンド「DISH//(ディッシュ)」の北村匠海さん演じる司馬優翔のことで言い争いになってしまう……というシーン。古澤監督は2人が手を離すタイミングや、高千穂が葵に顔を近付けていく角度など、“ドキドキ感”にとことんこだわり、何度もテストを繰り返して細かく演出。古澤監督はモニターではなく、俳優のすぐ近くで演技チェックをしているのが印象的だった。

 その後、場所を移動し、葵と司馬がデートの練習をしている中、高千穂が花束を持って登場し、3人が初めて顔を合わせるシーンも公開。広場には椅子や時計台などのセットが組まれ、暗くなるのを待ってミラーボール形のライトを点灯し、幻想的な雰囲気の中、撮影された。花束を受け取る葵や、それを見ている司馬の心境やテンションなどを、森川さん、北村さんは、古澤監督と熱心にディスカッションを繰り返し、演技のリアリティーを追求していた。

 撮影の合間には森川さん、北村さん、佐藤さんの3人が取材に応じ、3人そろって初めての演技について、「佐藤くんは登場して花を渡す(っていうシーン)」と話す北村さんに対し、「5秒くらいで終わっちゃう」と佐藤さんが笑い、「すごい長いシーンなので、葵ちゃんと2人で頑張ろうって話してて……」と北村さんがちゃめっ気たっぷりに話すと、「おい! 一人抜くなよ!(笑い)」と佐藤さんがすかさずツッコミを入れる。やり取りを見ていた森川さんは「2人はすごく仲いいんです」とほほ笑んだ。

1/3ページ

最終更新:6/30(金) 15:14
まんたんウェブ