ここから本文です

【夏休み】BASF、今年も子ども実験教室を開催へ…化学の楽しさを伝える

6/28(水) 16:30配信

レスポンス

BASFジャパンは、社会貢献活動の一環としてグローバル展開している 「子ども実験教室」を今年も日本で開催する。

[関連写真]

BASFの子ども実験教室は、本社を置く独ルートヴィッヒスハーフェンで1997年に初開催、今年で誕生20周年を迎える。これを記念し、BASFはグローバル共通の実験プログラム「かしこく食べよう!-フルーツ・やさい探偵団(Clever Foodies)」を企画した。

日本では、BASFジャパンが本社を置く六本木ヒルズで森ビルが主催する夏の「キッズワークショップ2017」のプログラムのひとつとして8月1日~2日に開催する。テーマは「かしこく食べることと健康的な生活の関係」。実験を通して、色とりどりの野菜やフルーツを食べることが体にとって大切であることを学ぶ機会を提供する。

また戸塚工場(横浜市)では、40年以上にわたり近隣住民を招いて開催している「第42回夏祭り」(7月28日)にて、ミニ子ども実験教室を実施する。プログラムは「カラフルなチョウを作ってみよう!(Colorful Butterfly!)」。石鹸やレモン汁などの身近な製品のpH値の違いを利用して、紙でつくったチョウに彩りを与える。当日は、トレーニングを受けた社員がパートナーとして子どもたちの実験をサポートし、子どもたちに化学の楽しさを伝える。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:6/28(水) 16:30
レスポンス