ここから本文です

新大関高安、序盤は横綱圧倒 スタミナ強化へ「心臓から汗かく」

6/28(水) 6:04配信

デイリースポーツ

 「大相撲名古屋場所」(7月9日初日、愛知県体育館)

 左上腕部などの負傷で夏場所を途中休場した横綱稀勢の里(30)=田子ノ浦=が27日、愛知県長久手市内の宿舎で本格稽古を再開した。新大関の高安(27)と三番稽古を行い、精力的に15番を取り9勝6敗。代名詞の左おっつけもさく裂させ、馬力自慢の弟弟子をのけぞらすなど、完全復調を見せ付けた。

 新大関優勝を目指す高安は三番稽古の序盤、稀勢の里を圧倒した。いきなり一気の寄り切りで白星発進。その後も豪快な上手投げで転がした。遠慮なく、のどわで押し込み、押し出す場面もあるなど、横綱を「あー」と悔しがらせた。

 先場所はできなかった恒例の調整で存分に横綱にぶつかった。「いい汗をかけた。引き締めるにはもってこい(の相手)。強い気持ちを持ってやっていく」と気持ちを高めた。

 最後に3連敗したように課題はスタミナ。先場所も11勝は挙げたが終盤に失速し、優勝戦線から脱落した。「体力面で少し貧しい。先場所もここぞで力を出せなかった。心臓から汗をかいてスタミナを付ける。厳しい稽古をやっていく。きょうが出発。また新しいものを見付けて自分で作っていく」と成長を期した。