ここから本文です

弘前城本丸で大型フェス 世界6カ所開催のダンスイベントと共催 /青森

6/28(水) 12:05配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 弘前公園(弘前市下白銀町)と弘前大学(文京町)で6月30日~7月2日、ダンス&パフォーマンスの大型フェス「SHIROFES.2017」が開催される。(弘前経済新聞)

2014年に世界大会へ出場した弘前出身のJUST FITさんをモデルにしたポスター

 ワークショップや地元アーティストらによるライブやアート作品の展示を行い、飲食ブースなどを出店するほか、弘前城へのプロジェクションマッピングも行う同イベント。スペイン、ロシア、フランス、トルコ、オランダ、日本の6カ所で開催する「Red Bull BC One Camp」との共催となり、国内では弘前のみ。30日と1日は弘前大学内の50周年記念会館、2日は弘前城本丸敷地内を会場とする。

 30日は、ダンスバトル「Hip Hop 1on1 Battle Do or Die」を開催。会場内ではリソグラフ(孔版印刷)の巡回展「RISO GRAPH Exhibition ~ラインズマン、線を追う者~」を開き、県内外から17人の作家の作品を展示する。国内外のダンサーによるデュオ・ワークショップも2回行う。

 1日は、翌日に行われる「POPダンスバトル世界大会」の出場枠を懸けてアジア最終予選大会「POPダンス1on1バトル"SAMURAI"アジア大会」や「BREAKダンスバトル」を開催。大阪・寝屋川で6月18日に行われた国内予選の勝者や中国や韓国、台湾からの招待選手も参加する。

 2日は、世界各国の招待選手らが出場する「POPダンス1on1バトル"SAMURAI" 世界大会」(17時~)をメインに、パフォーマンスライブや弘前ならではの飲食ブースを設置。会場内では「FES_VILLAGE by Primavista」というスペースを設け、DJらによる音楽演奏や憩いの場としても提供する。

 運営する弘前のダンススタジオ「FUNKY STADIUM」(山道町)の岩渕伸雄さんは「今年は、世界各地から多くの人が訪れる。当イベントを通して世界中に弘前の人や環境の素晴らしさを発信する機会にしたい」と意欲を見せる。

 開催時間は6月30日=16時~21時30分、7月1日=10時~21時30分、2日=10時30分~20時30分。入場無料。

みんなの経済新聞ネットワーク