ここから本文です

BMWのCEO、トランプ政権にメッセージ…「経済の繁栄には自由貿易が不可欠」

6/28(水) 18:00配信

レスポンス

ドイツの高級車メーカー、BMWグループ。同社のトップが、トランプ政権の保護主義に反対するメッセージを発している。

これは6月26日、BMWグループのハラルド・クルガーCEOが、米国サウスカロライナ州スパータンバーグ工場の25周年記念イベントで明らかにしたもの。同CEOは、「自由貿易が米国でのBMWのサクセスストーリーを可能にした。私は自由貿易と開放的な市場を強く信じている。世界中のグローバル企業や経済が繁栄するには、自由貿易が不可欠」と述べ、トランプ政権の保護主義に反対するメッセージを発信している。

また、BMWグループは、米国経済への貢献もアピール。同社は現在までに、米国スパータンバーグ工場に、累計80億ドルを投資。2018~2021年にかけて、6億ドルを追加投資することも発表した。これにより、2021年までに1000名の新規雇用が創出される見通し。

また、米国スパータンバーグ工場は、BMWグループにとって、世界最大の生産拠点。2016年は、年間41万1000台を生産。そのうち、約7割の28万7700台を、世界140か国以上に輸出した。BMWグループは米国商務省の統計を引用し、「BMWグループは金額面で、米国最大の自動車輸出メーカー」とアピールする。

BMWグループのハラルド・クルガーCEOは、「BMWグループは、米国内での事業と従業員に投資を続ける。サウスカロライナ州だけでなく、今後数年間、米国全体でも、BMWグループの足跡とコミットメントが成長し続けると確信している」と述べている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:6/28(水) 18:00
レスポンス