ここから本文です

【巨人】阿部、前半戦での1軍復帰向け「順調」…故障後初のフリー打撃

6/28(水) 6:06配信

スポーツ報知

 巨人・阿部慎之助内野手(38)が27日、G球場で右膝の故障後初のフリー打撃を行った。スパイクを履いて打撃投手とカーブマシンを相手に40スイング。サク越え1本を含む、安打性は16本と復調具合を感じさせる内容に「順調? そうですね」と笑顔。前半戦の復帰に向けて、一段階ステップを踏んだ形だ。

 18日のロッテ戦(東京D)の第3打席で患部を痛め、19日に出場選手登録を抹消。以降は地道なリハビリを行ってきた。初日はウォーキングから始めたが、50メートルほどの距離でダッシュを行うまでに回復。さらにこの日は一塁の守備に就いてのノックも解禁した。負荷がかかる横への移動が必要なゴロを、感触を確かめながら、約5分間にわたって捕球した。「(現時点で)できないことは分かっているので、できることを全てやるつもり」と現状を分析。今後は徐々に守備範囲を広げることや、捕球から送球へ素早く切り替える動作を、問題なくこなせる状態まで仕上げていくことになりそうだ。

 斎藤2軍監督は「思ったより動けていた。この2、3日で一気に回復したのでは」と話し、田代2軍打撃コーチも「打つ方は問題ないね」と太鼓判を押した。球宴前の最終戦となる7月12日のヤクルト戦(東京D)までに戦列に戻るため、全力を尽くす。

最終更新:6/28(水) 21:40
スポーツ報知