ここから本文です

ミランダ・カーさん、贈られた9億円宝石を返還 汚職資金で購入か

6/28(水) 11:00配信

ロイター

[ロサンゼルス 27日 ロイター] - オーストラリア出身の人気モデル、ミランダ・カーさんは、マレーシアの政府系ファンド、ワン・マレーシア・デベロップメント(1MDB)の不正流用資金で購入されたとみられる寄贈品、800万ドル(約9億円)相当の宝飾品をすでに米当局に引き渡した。スポークスマンが27日に明らかにした。

6月15日に米司法省が起こした民事訴訟で明らかになったもので、2014年にマレーシアの資産家ジョー・ロー氏がカーさんにバレンタインギフトとして180万ドル相当のダイヤモンドのネックレスを贈り、その後も480万ドル相当のピンク・ダイヤモンド、ペンダント、約200万ドル相当のイヤリング、ブレスレット、指輪を贈ったという。

カーさんに対しては不正の追及などは一切行われておらず、カーさんは米当局の調査に当初から協力しているという。

スポークスマンは声明で「先週金曜日の午後、寄贈された宝飾品は、カーさんのロサンゼルスの貴重品保管場所から政府当局に引き渡した」と述べた。

最終更新:6/28(水) 13:28
ロイター