ここから本文です

日本ハム・大谷が代打で適時打 復帰2打席目でしっかり結果

6/28(水) 20:21配信

東スポWeb

 日本ハム・大谷翔平投手(22)が28日のソフトバンク戦(ヤフオク)で、3―4の5回二死一、二塁で連夜の代打出場。相手先発・武田の内角スライダーを左前に落とす適時打を放った。大谷の打点は4月5日のロッテ戦(ZOZO)以来で、今季4打点目となった。

 二軍調整なしで、80日ぶりのぶっつけ出場となった前日(27日)の試合後「球自体は見えていた。目では追えているのでそれなりに対応できると思う」と語っていた大谷が復帰2打席目で早くも結果を出した。

 大谷同様、この日が復帰戦となった武田に対し内角スライダーを計5スイング。空振り2、ファウル2でフルカウントとなり、8球目の内角135キロのスライダーを遊撃後方、左前にポトリと落とした。

 前日の試合後には「勝てなかったので悔しい。しっかり自分のスイングをしたかった」とも語っていた大谷。それからわずか22時間後、しっかりと結果を出してみせた。

 大谷の話「(球種は)スライダーかカットだと思います。詰まりましたけど、いいところに落ちてくれましたし、点につながってくれたのでよかったです」

最終更新:6/28(水) 20:34
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/18(金) 5:55