ここから本文です

フィンテック、金融安定に脅威もたらさず=FSBリポート

6/28(水) 12:37配信

ロイター

[ロンドン 27日 ロイター] - 20カ国・地域(G20)の金融規制当局で構成する金融安定理事会(FSB)は27日に公表したリポートで、金融と情報技術(IT)の融合「フィンテック」が金融の安定を脅かす差し迫ったリスクはないとの見解を示した。

フィンテックは金融サービスや情報伝達の形を変えつつあるものの、クラウドファンディングやロボ・アドバイザー、クラウドコンピューティングといったサービスが融資など基礎業務を根本的に変えてしまう証拠はないとしている。

リポートは、金融安定を脅かすリスク抑制に向け、国際レベルでの新たな規則導入が急務ではないことを示している。

FSBは、フィンテックにはリスクだけでなく、効率性や透明性の向上、競争や金融システムの弾力性強化、経済成長といった利点をもたらす可能性もあると指摘。

「引き続きフィンテックの発展が金融安定に与える可能性のある影響について監視・議論していく」としている。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

最終更新:6/28(水) 12:37
ロイター