ここから本文です

小田原のナッツ専門店が「ドライ湘南ゴールド」 味を生かしドライフルーツ化 /神奈川

6/28(水) 18:35配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 小田原のナッツとドライフルーツ専門店「wara no bag(ワラノバッグ)」(小田原市本町2、TEL 0465-25-1043)が現在、「ドライ湘南ゴールド」を販売している。(小田原箱根経済新聞)

夏向けに最適な「ドライ湘南ゴールド」と「キウイ」

 湘南ゴールドは、神奈川県が開発したかんきつ類の品種で、「今村温州」と神奈川県西部で採れる「ゴールデンオレンジ(黄金柑)」の交配により作られ「かながわブランド」に選ばれている。華やかな香りとさっぱりとした甘さが特徴で、多くの商品に活用されている。

 同店では、この特徴を生かしたままドライフルーツに仕上げることに挑戦し、5月に発売した。「湘南ゴールドの香りとうま味が生きている」「ヨーグルトにとても合う」などの意見が寄せられている。

 同店の高浜遼平さんは「初夏から夏にふさわしい商品に仕上がった。湘南ゴールドの生産量の関係から季節限定。定番となったキウイのドライフルーツと合わせて購入する方が多い。ぜひ味わっていただければ」と呼び掛ける。

 価格は各648円。

みんなの経済新聞ネットワーク