ここから本文です

大河ドラマ「西郷どん」ディレクターが書類送検 タクシー運転手に大けがさせる

6/28(水) 15:38配信

デイリースポーツ

 NHKは28日、広報局名で報道各社にファクスを送信し、制作局の40代の男性ディレクターがタクシー運転手に大けがを負わせ、この日、傷害の疑いで書類送検されたことを発表した。ディレクターは2018年大河ドラマ「西郷(せご)どん」の演出を担当する予定だったが、担当を外したという。

【写真】不倫報道の渡辺謙、「西郷どん」出演も会見せずFAX1枚で報告

 書面によると、ディレクターは今年4月19日未明、東京都渋谷区の路上でタクシー運転手とトラブルになり、運転手は大けがをしたという。

 NHKは「運転手の方や関係者に深くお詫びいたします。捜査の状況を踏まえ、厳正に対処します」と、謝罪コメントを発表している。

 NHK広報はデイリースポーツの取材に対し、ディレクターは局員ら総勢10人でドラマの打ち合わせをした後、渋谷でタクシーを止めようとした際に、運転手とトラブルになったという。その場にいたディレクターの同僚が上司に報告し、4月27日に演出を外した。逮捕はされていないが、タクシー会社によれば、運転手は全治3カ月の大けがを負ったという。

 「西郷どん」は大河ドラマ57作目で、主人公の西郷隆盛を俳優・鈴木亮平が演じる。原作は直木賞作家の林真理子氏、脚本は大ヒットした連続テレビ小説「花子とアン」の中園ミホ氏が手がける。