ここから本文です

さあ、再びおまえの罪を数えろ 「仮面ライダーW」、映像作品“ではない"正統続編制作決定

6/28(水) 15:16配信

ねとらぼ

 「仮面ライダーW」の続編が制作決定と、東映から発表されました。物語の舞台「風都」のイラストとともに、塚田英明プロデューサーによる告知文が掲載されているのですが……「これは映像作品ではありません。新しいステージでのチャレンジとなります」ってどういうことなんだろう?

【画像】仮面ライダーW

 同作は2009年に放送を開始した、平成ライダーシリーズ第11作。私立探偵の左翔太郎(桐山漣)とフィリップ(菅田将暉)が「2人で1人の仮面ライダー」となり、コメディとシリアスが入り交じった“ハーフボイルド”な物語を描いていました。今回の続編では引き続き三条陸さんがストーリーを担当。パラレルワールドではないその後の風都を舞台に、探偵たちの活躍が描かれるとのことです。

 正式タイトルやスタッフ陣などは、7月3日の続報で明かされるもよう。何より気になる「映像作品ではない形式」ですが、ネットでは早くも漫画かドラマCDか舞台かと、期待や推理が飛び交っています。

最終更新:6/28(水) 15:16
ねとらぼ