ここから本文です

稀勢の里、高安に終盤は防戦一方「修正していけばいい」

6/28(水) 16:20配信

デイリースポーツ

 「大相撲名古屋場所」(9日初日、愛知県体育館)

 左上腕部などの負傷で夏場所を途中休場した横綱稀勢の里(30)=田子ノ浦=は28日、長久手市内の宿舎で新大関高安(27)=田子ノ浦=と連日の三番稽古を21番こなした。

 序盤は出足鋭く、弟弟子を圧倒したが、中盤は防戦一方。がっぷり組んで力負けして寄り切られると「うあー」と悔しげな声。左まわしを切られ、力なく土俵を割り続け、8連敗を喫した。

 ギアを上げた最後は5連勝とスタミナ勝負に勝ち、計10勝11敗。「まあ、これからじゃないの。修正していけばいい。やるだけです」。馬力自慢の新大関と2日で計36番はさすがに疲労もたまった様子で「体はこたえますね」と語った。