ここから本文です

JR東海、次世代新幹線「N700S」デザイン決定 初のLEDライト

6/28(水) 15:36配信

ITmedia ビジネスオンライン

 JR東海は6月28日、2020年度の営業投入を計画する次世代新幹線「N700S」のデザインを決定したと発表した。先頭車両はN700系をベースに空力性能を高めたほか、新幹線で初めてLEDライトを採用する。

【次世代新幹線の車内イメージ】

 先頭車両は、左右サイドにエッジをたてた「デュアル スプリーム ウィング」形状を採用。走行風を整流し、微気圧波や車外騒音、走行抵抗、最後尾車の揺れを低減し、環境性能も高める。

 前照灯にはLEDライトを採用。先頭形状を生かし、拡大することで照射範囲も広げており、視認性を向上しているという。

 東海道新幹線のシンボルである白地に青帯を踏襲しつつ、先頭部には「Supreme」を表す「S」のデザインをあしらっている。

 インテリアでは、柔らかな曲面を採用することでくつろげる空間を演出。LED間接照明により、室内照度を均一化するほか、停車駅に近づくと荷棚の照度を上げ、荷物への注意を促す。グリーン車、普通車とも全座席に電源コンセントを設ける。

 N700Sは、2007年に運転を開始したN700系をフルモデルチェンジする次世代新幹線。決定デザインに基づく確認試験車を18年3月に完成、量産車を20年度に投入する計画だ。