ここから本文です

広島・新井、練習中に左肘付近に打球直撃で病院へ「大丈夫よ」と球場に戻る

6/28(水) 18:06配信

デイリースポーツ

 「DeNA-広島」(28日、横浜スタジアム)

 広島・新井貴浩内野手(40)が、予期せぬアクシデントに見舞われた。

【写真】広島・新井が語った40歳の本音

 試合前の走塁練習中に、打球が左肘付近に直撃。その場でうずくまり、場内は騒然となった。新井は「大丈夫、大丈夫」と話したが、練習を切り上げてベンチへ。トレーニングウエアに着替えて病院へ向かった。左腕にはサポーターが装着されていた。

 新井は前日27日DeNA戦(横浜)で代打2点二塁打をマーク。チームを今季24度目の逆転勝利に導き存在感を示していただけに、状態が心配された。

 約1時間半後、新井は球場に戻り「大丈夫よ」と気丈に話した。詳しい症状については試合後、トレーナーから説明されるという。

スポーツナビ 野球情報