ここから本文です

日本ハム・大谷が代打で左前へ同点タイムリー、出塁後は代走と交代

6/28(水) 19:34配信

デイリースポーツ

 「ソフトバンク-日本ハム」(28日、ヤフオクドーム)

 日本ハム・大谷が復帰2戦目で、復帰後初安打となる同点適時打を放った。3-4と1点を追う五回2死一、二塁の場面で石井に代わる代打として登場した。

 ソフトバンク先発・武田の内角攻めに、2、3球目のスライダーにはバットが空を切る。だがフルカウントとなっての8球目、内角のスライダーを逆方向に運び、左前へ落とす同点適時打となった。

 「詰まりましたけど、いいところに落ちてくれましたし、点につながってくれたので良かったです」と大谷。一塁へ出塁後は代走・大野と交代してベンチに下がった。

 大谷は4月8日のオリックス戦での走塁で左太もも裏の肉離れを起こして離脱。2軍でのリハビリを経て、20日に1軍練習へ合流。23日の楽天戦から1軍登録され、前日27日のソフトバンク戦の八回に代打で出場(空振り三振)して、80日ぶりとなる実戦復帰を果たしていた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/18(金) 7:55