ここから本文です

“アイスなめて音鳴らす”玩具「ペロっとアイスDJ」 タカラトミーアーツとKORGがコラボ

6/28(水) 18:25配信

ITmedia NEWS

 タカラトミーアーツは6月28日、アイスをなめると通電して音が流れる玩具「ペロっとアイスDJ」を発表した。希望小売価格は1380円(税別)。29日に発売する。

【画像:黄色いアゲアゲver.】

 利用するには、別売りのスティックアイスを端末本体にセットする。本体グリップ裏にある「通電スポット」に触れながらアイスをなめると、金属接点を通して舌とアイスが通電する状態となり、音が流れる。一部のアイスとチョコレートコーディングされたアイスは非対応。

 内蔵サウンドと本体デザインは、電子楽器メーカーKORGがプロデュース。「通電センサーの仕組みを食べ物に応用したら、食べる行為を遊びにつなげられるのではないか」と考え、KORGに相談したという(タカラトミーアーツ広報)。

 音源は「パオーン」「WOW」など効果音のほか、KORGが選んだエレクトロやハウスミュージックのリズム音源など20種以上を用意した。

 本体サイズは、約90(幅)×50(奥行)×110(高さ)ミリ。対象年齢は8歳以上。内蔵音源が異なる「アゲアゲver.」「クールver.」の2種を用意する。

(C)T-ARTS

最終更新:6/28(水) 18:25
ITmedia NEWS