ここから本文です

「シャープ製品」公式Twitter「ミニスーファミ」値踏みで謝罪 「不適切な発言をしてしまいました」

6/28(水) 23:00配信

ねとらぼ

 シャープ製品公式Twitter(※「シャープさん」ことシャープ公式アカウントとは別)は6月28日、炎上していた「ミニスーファミ」の“値踏み”ツイートについて、「不適切な発言をしてしまいました」「心からお詫びいたします」と謝罪しました。

【画像:当初投稿されていたツイート】

 発端となったツイートは6月27日に投稿されたもの。任天堂の「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン発表に寄せて、「面白そうだけど…冷静に、私の思い出(年代的にボリュームゾーン世代より少しずれている事が大きい)を価値に換算していくと…」と、本体および収録タイトル21作品の「価値」を表にして、任天堂のアカウントにリプライを送っていました。

 しかし、あくまで「私の思い出」と断ってはいたものの、「スーパーマリオワールド」200円、「F-ZERO」300円、「超魔界村」100円などあまりにも辛口な値付けだったことから、「なぜ公式アカウントで他社製品を値踏みするようなことを」と批判が殺到。さらに「聖剣伝説2」0円、「ファイアーエムブレム 紋章の謎」0円、「星のカービィ スーパーデラックス」0円など、いくつかのタイトルに至っては「0円」評価だったことも、ファンの怒りに火をつけました。

 その後シャープ製品公式Twitterは、「誤解を招いた」として「0円」→「未購入」に修正したバージョンを改めて投稿しましたが、それでもファンの怒りは収まらず再炎上。結局、一連のツイートは削除し、「不適切な発言をしてしまいました」とTwitterで謝罪しました。

 一連のツイートに対しネット上では、「非常に不愉快」「個人のつぶやきレベルの発言」とやはり批判的な声が相次ぐ形に。また「カービィSDXとFE紋章を無価値としたシャープ許すまじ」「魂斗羅スピリッツは名作」など、無慈悲にも0円を付けられた各作品のファンによる怒りのツイートも目立っていました。

最終更新:6/28(水) 23:00
ねとらぼ