ここから本文です

【F1】ホンダ、オーストリアGPに「スペック3」PUを投入

6/28(水) 11:57配信

ISM

 ホンダの長谷川祐介氏は、来週末のオーストリアGPに「スペック3」と呼ばれるパワーユニットを投入することを明らかにしている。

 マクラーレン・ホンダは今年も信頼性とパフォーマンスに苦戦を強いられており、先週末のアゼルバイジャンGPでフェルナンド・アロンソが今季初ポイントを獲得したものの、チームはコンストラクターズチャンピオンシップで最下位と低迷している。

 アロンソは金曜フリー走行で「スペック3」をテストし、その後のセッションでは「スペック2」に戻している。

 長谷川氏によると、アップグレードバージョンの「スペック3」をレッドブルリンクで使用するゴーサインが出ているという。

 長谷川氏は「依然として上位チームとの大きな差が見られるものの、パワーが必要なサーキットでグリッド後方からのスタートだったことを考えると最高の結果だった」

 「オーストリアでの次戦に向けて、アゼルバイジャンでのテストが成功したことを受けて、両方のクルマにスペック3パワーユニットを投入する予定だ」

 「それまでの間、差を縮めるために全力を尽くして開発を続けていく」と述べている。

 アロンソとストッフェル・ファンドーネは、新しいパワーユニットエレメントを使用したため、アゼルバイジャンでのレースでそれぞれ40と35グリッド降格ペナルティを受けている。(情報提供:GP Update)

最終更新:6/28(水) 11:57
ISM