ここから本文です

大日本・小林&伊東が関本&岡林に挑戦決定「五寸釘とラリアットどっちが痛いか」

6/28(水) 23:27配信

デイリースポーツ

 「プロレス・大日本」(28日、東京・後楽園ホール)

 BJW認定タッグ王座次期挑戦者チーム決定戦五寸釘ボード&蛍光灯デスマッチが行われ、アブドーラ・小林、伊東竜二組が宮本裕向、木高イサミ組に勝利。7月17日の東京・両国国技館大会で同王者の関本大介、岡林裕二組に挑戦することが決定した。

 小林と伊東は蛍光灯攻撃で早々と2人を流血に追い込み、宮本を五寸釘ボードにぶち当てるなど圧倒。途中、相手組のスピードにかく乱され、小林が宮本にリバーススープレックスで五寸釘ボード上に落とされるなど反撃も受けたが、最後は伊東のドラゴンスプラッシュと小林のダイビングバカチンガーエルボードロップを連続投下して宮本を葬った。

 試合後、小林は関本と岡林を呼び出し、「チョップと蛍光灯どっちが痛いか、五寸釘とラリアットどっちが痛いか、ストロングBJとデスマッチBJどちらが強いか、両国で結果を出そう!」とアピール。伊東は「両国では、お前らのルールでやってやろうじゃないか。お前らが蛍光灯くらいました、五寸釘くらいました、そんな言い訳が立たないようにとことんやってやる」と、得意とするデスマッチではなく通常ルールでの対戦を要求し、「お前らがオレらに勝とうなんて100万光年早いんだよ!」と必勝を宣言した。

 インタビューでも小林は「ストロングBJの象徴、関本、岡林、倒しがいがありますよ。ボクらはストロングBJ以上に修羅場をくぐってきてるんで。プロレスって5秒以内(の反則)はOKって言うでしょ。そういうみみっちい反則はしないから。正々堂々と行ってやる」と、意気盛んに宣言。伊東は小林の言葉に苦笑しつつ、「自分はプロレスのルールを最大限に使って、反則は5秒以内、レフェリーのブラインドを突いてもOK、それで、アイツらが持っていないプロレスを見せつけてやります」と幅広い戦い方で挑む考えを示した。