ここから本文です

堂本剛入院、“ピンチヒッター”TOKIO長瀬&光一のSPユニットにファン興奮

6/28(水) 19:40配信

スポーツ報知

 人気デュオ「KinKi Kids」の堂本剛(38)が、27日夕方から左耳の突発性難聴のために入院し、28日のテレビ東京系「テレ東音楽祭2017」への生出演をキャンセルした。そのため、堂本光一(38)がひとりで出演。剛について「1週間入院することになりました。元気なのは元気ですけど、歌うのもままならない状況なので、大事を取って」と説明した。

【写真】KinKi KidsのCDデビュー20周年企画

 番組ではテレビ東京に眠っていたお宝映像を紹介。7月21日にCDデビュー20周年を迎えるKinKiを盛り上げた。歌唱の場面では、剛の位置にTOKIOの長瀬智也(38)が登場。一夜限りのSPユニットの誕生に、スタジオの観客からは大きな歓声があがった。

 「ごめんね」と言う光一に、「全然全然。昨日、剛から電話あって」と前夜に急遽、剛本人から“ピンチヒッター”を依頼されたことを明かした長瀬。「元気なんで、ファンの方、心配しないで、すぐ戻ってくると思いますんで」とKinKiファンを気遣った。

 その後、プライベートでも仲の良い長瀬&光一のSPユニットでギターを弾きながら「全部抱きしめて」と歌い上げた。リハ―サルなしのぶっつけ本番とは思えないスペシャルがコラボに、SNSでも「これは貴重!」「長瀬くん、いきなりなのにすごい」などの書き込みが殺到した。

最終更新:6/29(木) 9:45
スポーツ報知