ここから本文です

高安、ファン100人に“神対応”1時間かけてサイン&写真撮影

6/28(水) 20:10配信

スポーツ報知

 大相撲の新大関・高安(27)=田子ノ浦=が28日、宿舎のある愛知・長久手市のスーパー温泉「花しょうぶ」でサイン会を開き、集まった100人のファンに“神対応”を見せた。新大関の凱旋に、12時から配布される整理券を求め営業開始時間の朝9時から並んだファンも。「ありがたいこと。しっかりファンサービスしないといけないと思った」と1時間かけて1人ずつと記念写真を取る神対応っぷりで喜ばせた。

 大関に昇進し、日本相撲協会の看板力士となった自覚が芽生えている。「こういうイベントも増えましたし、大関になる前よりたくさんの方に声を掛けて頂いています」と感謝した。

 一方で人気力士ならではの悩みも告白した。「花しょうぶ」は昨年までも個人的に来場していたリラックススポット。塩サウナがお気に入りだというが、今年はまだ来訪できていない。有名になり顔が売れたことで「1人じゃ行けないです」と苦笑いしていた。

最終更新:6/28(水) 20:54
スポーツ報知