ここから本文です

バナナマン・日村の“ヒム子”、乃木坂46センターつとめる 完コピダンスに絶賛の声

6/28(水) 21:45配信

スポーツ報知

 28日に生放送されたテレビ東京系「テレ東音楽祭2017」(後6時25分)で、お笑いコンビ「バナナマン」の日村勇紀(45)が、“ヒム子”として、アイドルグループ「乃木坂46」とコラボし、キレキレのダンスを披露した。

 同局系の乃木坂46の冠番組「乃木坂工事中」(日曜・深夜0時)でMCをつとめるなど、「乃木坂公式お兄ちゃん」として知られるバナナマン。同局系バラエティー番組「ゴッドタン」(金曜・深夜1時)の人気企画「芸人マジ歌選手権」でおなじみの日村が女装したキャラクター「ヒム子」が、同局ならではの企画としてスペシャルコラボした。

 「インフルエンサー」の後半、中央に集まる乃木坂メンバーが左右に広がると、真ん中からヒム子が、光る素材のメンバーと同じ黒い衣装、髪をアップにした姿で登場。センターに立ち、“完コピ”でキレキレに踊ってみせた。

 乃木坂メンバーは最初こそ必死で笑いをこらえる表情だったが、ヒム子の“ガチダンス”に、だんだんクールな表情に。最後はヒム子の顔のアップで曲が終わった。

 この姿に、相方のバナナマン・設楽統(44)や、司会のTOKIOの国分太一(42)らは大盛り上がり。「センターに入ったらいけないでしょう」と言いながらも、“完コピ”でのダンスを「踊り完璧!」と絶賛していた。

 コラボをやり遂げたヒム子は「この衣装は(乃木坂メンバーの)3倍の布を使ってます」と話し、満足そうだった。

 ヒム子の登場にSNSでは「鬼ヤベェ どのアーティストより歓声もらってるじゃん」「日村さんすごい」「芸人がアイドルに混ざる系のやつで、今まで見た中で一番踊れてるんだけど」などと、日村の意外なダンスの才能をたたえる声が並んだ。

最終更新:6/28(水) 22:34
スポーツ報知