ここから本文です

広島に完全移籍のG大阪・丹羽「自分の経験のすべてをつぎ込みたい」

6/28(水) 21:55配信

スポーツ報知

 27日に広島への完全移籍が発表されたG大阪の元日本代表DE丹羽大輝(31)が28日、大阪・吹田市内で取材に応じ、サンフレッチェの救世主になることを誓った。

 広島はJ1で17位とJ2降格圏に低迷しているが「(広島関係者からの)『一緒にはい上がっていこう』という言葉が一番響いた。『苦しいときにどうするか』がやりがいがある。自分の経験のすべてを注ぎ込みたい」と意気込みを示した。広島については「勝っても負けてもリスペクトできる相手。紫のユニホームが似合うようにならないと」と、すでにイメージはできている。

 生え抜きの丹羽にとっては、移籍は簡単な決断ではなかった。G大阪や広島の関係者と話し合った末に出した答えだった。「悩んだというより考えた。最終的には自分のフィーリング。人生、楽しまないとね! 移籍しても楽しまないと」とポジティブに捉えている。

 早くも8月9日にはG大阪と対戦する。「(対戦するイメージは)湧きまくっている。毎週、紅白戦をしているからDFは優位」と仲間とのマッチアップを心待ちにしている。取材後に報道陣一人ひとりと握手をして感謝の言葉を伝えたナイスガイは、新天地でもうひと花もふた花も咲かせる。

最終更新:6/28(水) 22:24
スポーツ報知