ここから本文です

【札幌】C大阪に完敗、20年ぶり決勝トーナメント進出ピンチ…ルヴァン杯

6/29(木) 7:03配信

スポーツ報知

◆YBCルヴァン杯 ▽プレーオフステージ 第1戦 札幌0―2C大阪(28日・札幌ドーム)

 北海道コンサドーレ札幌はホームでC大阪に0―2で敗れ、カップ戦で20年ぶりとなる決勝トーナメント進出が厳しくなった。

 またも、わずかな時間をしのぎ切れなかった。前半ロスタイム。C大阪のリカルド・サントスに頭で決められ先制点を許すと、後半にも被弾し、C大阪に先勝を許した。リーグ戦6連敗の流れを止められず、FW内村圭宏(32)は「リーグ戦にいい雰囲気で行けるようにしたかったが」と両チーム最多の6本のシュートを打ちながら無得点に終わり、肩を落とした。

 同じ過ちを繰り返した。4日の神戸戦では1点リードも前半ラストプレーで追い付かれ、後半45分に勝ち越された。いわきFCに敗れた21日の天皇杯も後半ロスタイムに失点。四方田修平監督(44)は「失点する時間帯が悪い。必ず改善しなければいけない点」と表情を険しくした。

 想定外の事態も響いた。前半38分にMF石井、2分後にはFW金園が負傷退場。四方田監督は「交代でバタバタした中で失点したのはもったいなかった」と口にした。札幌は負の連鎖を断ち切れずにいる。(砂田 秀人)

最終更新:6/29(木) 7:03
スポーツ報知