ここから本文です

【仙台】DF平岡が元同僚のG大阪・長沢封じ宣言「チームとして相手を抑えないと…」

6/29(木) 7:03配信

スポーツ報知

 J1ベガルタ仙台DF平岡康裕(31)が、7月1日のホーム・G大阪戦で、相手のFW長沢駿(28)封じに闘志を燃やした。28日に仙台市内で行われたミニゲームでは、3バックの真ん中で安定した守備を見せた。

 長沢は、日本代表MF倉田秋(28)とともにリーグ5位タイの6得点を挙げている192センチの長身ストライカーだ。平岡は、2015年までともに清水でプレーした元同僚に対し、「ヘディングだけでなく、足元のうまさもある。一瞬も気は抜けない」と警戒。昨年4月のホーム戦(1●3)で長沢に先制弾を許しており、「自分が駿を抑えるだけでなく、チームとして相手を抑えないと」と堅守を誓った。

 敵将の長谷川健太監督(51)は、05年の清水入団時の監督。平岡は「成長しているところをベガルタの結果として出せれば」と“恩師”から白星を挙げる。(竹内 竜也)

最終更新:6/29(木) 23:58
スポーツ報知