ここから本文です

モーグル堀島行真、上村愛子さん愛用の特注板を譲り受け感謝「腰や膝への負担が減る」

6/29(木) 7:33配信

スポーツ報知

 フリースタイルスキー・モーグルで世界選手権金メダルの堀島行真(19)=中京大=が28日、三重・桑名市のK―airでウォータージャンプの練習を公開。五輪5度出場の上村愛子さん(37)から譲り受けた板でコーク1080など得意のエアを披露した。

 以前ナショナルチームで海外合宿を共にした時は「すごい人すぎてしゃべれなかった。モーグル=上村愛子さんみたいな」。そんな憧れの人が愛用していた特注の板を今月の山形合宿中に贈られた。「穴が開いているので水の衝撃が減って、腰や膝への負担が減る。体にいい」。腰に不安を抱えていたこともあり、上村からは「痛いのがちょっとでも治ったり楽になったりするといいね」と優しい言葉もかけられた。

 「とにかく食べる」をモットーに肉体改造中。合宿では同部屋の選手と一度に米5合を平らげる。一昨年春は60キロだった体重が昨季開幕時は67キロ。シーズン終盤には2~3キロ落ちることが多かったが維持できた。「平昌五輪の目標は金メダル。日々の練習を大切にしていきたい」。金ボディーも完成しつつある。(高木 恵)

最終更新:6/29(木) 7:33
スポーツ報知