ここから本文です

タッキー、Hey! Say! 有岡と映画館めぐり予告「いろんなところに行きたい」

6/28(水) 18:21配信

オリコン

 タッキー&翼の滝沢秀明(35)が18日、都内で行われた映画『こどもつかい』の大ヒット記念舞台あいさつに登壇。共演したHey! Say! JUMPの有岡大貴(26)と共に東京・新宿ピカデリーで映画を鑑賞していたことを告白。加えて「いろんなところに行きたい」と全国の映画館めぐりを予告した。

【写真】舞台あいさつに登壇した門脇麦

 映画について問われた滝沢は「肌で感じたいと思って、この間、有岡と一緒に『こどもつかい』を観に行きました。まさにこの劇場なんです」と告白。劇場に仕掛けられた飾りなどを熱心に写真に撮るファンが多かったといい「うれしいなと思いました」と笑顔を見せた。

 気になる顔バレ対策についてはマスク、帽子、メガネを駆使して変装。「こんなに気づかれないもんなんだと思った」と笑っていた。さらにホラー映画だけに怖くて鑑賞をためらっているファンに向けて「僕と有岡は1回、映画館に観に行ったけど、1回じゃアレなんでね。2回、3回と行かないといけない。『今日は有岡と滝沢いないか』と(探して)。いろんなところに行きたいですね」とお忍びで全国の映画館で再鑑賞することを予告。ファンの歓声を浴びていた。それを見た清水崇監督(44)は「そんな営業の仕方があるんですか! ありがたい。出てくれた俳優さんが、こんな営業をしてくださるなんて初めて」と感激しきりだった。

 さらに滝沢は映画を観た際の有岡のおっちょこちょいな一面も明かした。滝沢は「暗くなったのを見計らって入ろうとしたら、有岡がポップコーンを持っていたんですけど、暗いしポップコーンも持っているから、すごくゆっくりになっちゃった。ヒヤヒヤしました」と明かし、ファンを笑顔にしていた。

 また、有岡は打ち上げで清水監督からキスされたことを暴露。黄色い悲鳴が上がると清水監督は「言っちゃダメなヤツじゃん! 責められるのオレなんだから」と抗議して「みなさん、ごめんなさい」と謝罪。有岡は「いつか言ってやろうと思っていた。1年間温めていましたから」としてやったり。そんな状況に滝沢は「変な意味じゃないです。場を盛り上げるためですよ」と、しっかり後輩のフォローをしていた。

 同作は、『呪怨』シリーズなどの清水監督によるオリジナル作品。謎めいた男“こどもつかい”によって子供がさらわれ、やがて帰ってきた子どもと会った大人が3日後に亡くなるという怪事件を描く。舞台あいさつには門脇麦も参加した。

最終更新:6/29(木) 19:46
オリコン