ここから本文です

トミタ栞 「ふざけてやろうと思っています(笑)」堂々と好き勝手なライブ宣言! 丸山礼もトミタ栞役で出演し4周年を祝福

6/28(水) 12:32配信

Billboard Japan

 トミタ栞が、2017年6月24日に【トミタ栞ライブ「HAPPY TIMES」】をTSUTAYA O-WESTにて開催。彼女らしく気張らず、笑顔の花咲くステージを届けて、アーティスト活動4周年へ期待の膨らむライブとなった。

トミタ栞 キュートなライブ写真(5枚)

「今回のライブはふざけてやろうと思っています(笑)」トミタ栞、好き勝手にやります宣言

 「Welcome to “HAPPY TIMES”! My name is Shiori Tomita!!」大きな拍手&歓声に迎えられてバンドメンバーと白ワンピ―スをまとったトミタ栞が登場。彼女が斜に構えると、ギター&バンマスを務める“まっちぃ”こと町田昌弘が手掛けたポップなパンクナンバー「Lovingly me!!」からライブはスタートした。トミタ栞のシャウトへ“YEAH!”と大きな歓声で応える観衆に、続けて「MONSTER GIRL」「だめだめだ」と畳みかけ、大胆な冒頭のアクトとほのぼのとしたバンドメンバー紹介で幕を開ける。

 いつもステージ衣装の色を定額占いサービスで得たラッキーカラーにしている町田(g)は、今回ケータイを変えたことで占いが見れなくなり自ら選んだ真っ赤な衣装であることを突っ込まれ、「40過ぎてもラッキーカラーに頼ってるんじゃねえ」という天からのお告げだとお決まりの“お兄さん”コールで場を沸かせる。またベースの木下裕晴は、定額制サービスは利用していないものの最近サッカーゲームアプリで課金したことを明かした。そして、今回がトミタ栞のライブに初参戦となったドラムスの山口美代子は、少年のようなハツラツとした笑顔を「僕の夏休みの少年みたい」といじられ正しくそのような笑顔をみせていた。

 「今回のライブはふざけてやろうと思っています(笑)」と、好き勝手にやることを堂々と宣言し、トミタ栞1stシングルc/w曲「スキスキップ」~デビューEP『トミタ栞』の懐かしの曲たちを遊び心を加えて披露。「エ・ネ・ト・カ・ネーション」では、飛び跳ねながら本当に楽しそうな笑顔を散らかせる彼女に観衆の顔もいつも以上にほころぶ。そして「ハレの日の結末」にてハーモニカを吹きながらスキップでハケていくのであった。

1/3ページ

最終更新:6/28(水) 12:32
Billboard Japan