ここから本文です

土屋太鳳さん 高校時代は「超朝型」 ダンス部と勉強を両立

6/28(水) 17:30配信

高校生新聞オンライン

 演技にも、テレビのバラエティー番組にも、全力で挑む姿が感動を呼ぶ女優・土屋太鳳さん。何事にも真面目に向き合う姿勢は、高校時代のダンス部で培ったという。毎日朝練があるハードな部活と勉強を両立できた秘けつとは……。高校生記者が聞いた。(構成・中田宗孝、写真・玉井幹郎)

ダンス部に懸けた3年間

──高校の思い出は何ですか。
 ダンス部での3年間が私の高校時代の全てです。厳しい部活で、午前7時半からの朝練、放課後の練習はもちろん、昼練もほぼ毎日ありました。

──忙しい部活と勉強をどう両立させていたのですか。
 思いきって「超朝型」の生活にしました。夜10時に就寝して深夜1時に起きます。それから早朝5時まで勉強。そして6時までの仮眠で、頭をスッキリさせてから朝練へ行っていました。

──……すごいです。
 大変ですが、勉強の合間にクッキーを食べることを自分へのご褒美にしていました。食べることが息抜きで、幸せを感じるひとときでした。今でも私の座右の銘は「ご飯はよくかむ」なんです(笑)。

予定は苦手なことから

──苦手な教科の勉強は、つい後回しにしてしまいます。
 まずは苦手な教科の勉強の予定を優先して手帳などに書き込んでしまう。スキマ時間に趣味などやりたいことを入れていくと良いかもしれないです。書き出すことが大事です!

──高校時代は何を目標にしていましたか。
 「ダンスをもっと上手に踊る」こと。大会の出場メンバーに選ばれたかったですし、女優活動を始めていたので、「ダンスで表現力を磨いていけば、演技にもきっと役立つ」と思っていました。部活と勉強を両立した高校時代の経験が今に生きています。

うれしいときはスキップ

──映画「兄に愛されすぎて困ってます」で、どんな演技を心掛けましたか。
 撮影中は「女子高生として生きること」に徹しました。私の演じるヒロインが、今どんな心境なのかしっかり伝わるよう、うれしかったらスキップするなど、体全体を使い、感情を大きく表現しました。

──複数の男性からの告白に何度も心が揺れ動きますね。
 笑ったり泣いたり忙しい女の子。恋の駆け引きと同じように、演技でも男性役者のお芝居から始まり、それに合わせて自分のお芝居をすることが求められました。受け身の演技の連続でした。

──高校生へメッセージをお願いします。
 今を楽しみながらも、限られた時間の中で部活や勉強を頑張っていると思います。もし、すぐ良い結果が出なくても、決して無駄ではありません。努力はいつか必ず実ります。

兄に愛されすぎて困ってます

 恋の告白12連敗中の女子高生・せとか(土屋太鳳)。ある日、初恋の人だった高嶺(千葉雄大)や上級生の千秋(草川拓弥)から恋のアプローチを受けて、突然モテ期に。だが、せとかの兄はるか(片寄涼太)に恋路を何度も邪魔されてしまう……。配給:松竹。6月30日(金)から全国公開。

高校生新聞社