ここから本文です

GENERATIONS片寄涼太、王道「あーん」ポーズの「彼氏とデートなう。」写真に悶絶必至

6/28(水) 7:02配信

AbemaTIMES

 ダンスボーカルグループ・GENERATIONS from EXILE TRIBEの冠番組『GENERATIONS高校TV』で、メンバーが、最近話題の「彼氏とデートなう。に使っていいよ」写真の撮影に挑戦した。

 「彼氏とデートなう。に使っていいよ」写真とは、恋人目線で撮った自分の写真をSNS上にアップすることで、SNSユーザーがその画像を使って架空のデート気分を味わうもの。声優の山寺宏一がTwitterに投稿して以来、大ブームとなっている。GENERATIONSメンバーは、それぞれ、自分が思うシチュエーションで写真を撮影することとなった。

 トップバッターは小森隼。誕生日プレゼントにもらった貯金箱を持ち、「デートするためのお金貯めよ。に使っていいよ」とアレンジ。しかし片寄涼太に「彼氏にお金せびられてる。に使っていいよとも言えるね」と指摘されるが、「こんな(お金貯めようと言う計画的な)彼氏もいるんだから現実的になろうよ、っていう彼女さんがいらっしゃったら、ぜひ彼氏に送ってもらえたら」とアピールした。

 次は涼太。悩むそぶりもなく、すぐにケーキに載っていたクリーム付きのイチゴを手に取ると、キラキラした笑顔で「あーん」のポージング。最強の「彼氏とデートなう。に使っていいよ」が完成した。これにはメンバーも「これはすごいわ」「イチゴは王道中の王道でしょ」と、さらっと完成度の高いシチュエーションを作り上げた涼太に脱帽だった。

 数原龍友は、自慢の上腕二頭筋を指差すポーズで「彼氏と筋トレなう。に使っていいよ」を撮影。

 続く白濱亜嵐はなぜか連写を要望し、急に床に倒れこんだ。撮影を担当した関口メンディーは「ちょっとカオスすぎて……」と意図が理解できず困惑していたが、亜嵐曰く「彼氏つまずいたなう。に使っていいよ」だそう。メンディーが連写で撮影した奇跡のつまずき写真は、臨場感あふれる衝撃写真となった。

1/2ページ

最終更新:6/28(水) 7:02
AbemaTIMES