ここから本文です

コマンが元ガールフレンドへの暴行容疑で拘束…訴訟で有罪になる可能性も

6/28(水) 12:33配信

GOAL

バイエルンに所属するフランス代表FWキングスレイ・コマンが、現地時間26日に警察に拘束されていたと『ハフィントンポスト』を始め、複数のフランスメディアが報じている。

報道によると、元ガールフレンドがコマンから暴力を受けていたと告白したことに伴い、フランス警察はコマンを一時的に拘束。尋問した後、同日午後に開放したという。

なお、この疑惑は訴訟に発展する見通しで、今夏には判決が下されるようだ。報道によると、早ければ9月には判決が言い渡されるようだが、有罪になる可能性も十分にあると伝えられている。

1996年生まれ、現在21歳のコマンはパリ・サンジェルマンの下部組織育ちで、2014年夏にユヴェントスへ加入。15-16シーズンからバイエルンに期限付きで在籍し、同クラブで評価を高めたことで、バイエルンはコマンの買い取りオプションを行使していた。

この疑惑によってコマンは離脱を余儀なくされる可能性も残っており、引き続き動向が注目されるところだ。

最終更新:6/28(水) 12:33
GOAL