ここから本文です

あのスターも!?意外に多い“ミスコン”出場経験のある美女たち

6/28(水) 12:01配信

dmenu映画

もともと美しい人が大勢集まるショービズ界。美を競うミスコンテストに出場してタレント活動の足掛かりにする人も当然いるわけで。日本でもそういったコンテストやミスキャンパスになったことをきっかけに芸能界デビューを果たすタレントさん、いますよね。今回はそんなスターをご紹介します。

【画像】グッチのフレグランス「グッチ バンブー オードパルファム」のミューズも務めたガル・ガドット

ガル・ガドット

今夏、公開される話題映画『ワンダーウーマン』の主演に抜擢されたエキゾチック美女ガル・ガドットはイスラエル出身で元軍人。と言ってもイスラエルは皆兵制なので、国民全員に兵役義務があり、ガルも18~20歳の頃、軍で戦闘トレーナーを務めていたとのこと。そんなガルは2004年にミス・イスラエルに選ばれ、ミス・ユニバース大会に出場したことがあります。なるほど納得の上品かつ洗練された美貌! その後、女優デビューし、大ヒット映画『ワイルド・スピード』シリーズのジゼル役で人気になりました。

ハル・ベリー

映画『チョコレート』(2001年)でオスカー女優となったハル・ベリーは、1980年代は“ミスコン荒らし”でした。ミス・ティーン・アメリカ(1985年)、ミス・オハイオ&ミス・アメリカ(1986年)に輝き、その後、モデルとして活動したのちに女優に転身。今では立派なキャリアを築いているハルですが、最近になって「私はミスコン出身のモデルだったから、人々はそのことを知ると私のことをダメな女優だと決めつけたわ。ルックスの良い役者は実力を認めてもらうために人の何倍も努力しなければいけない」と語っています。苦労はあったと思うけれど、やっぱりその生まれ持った美貌は羨ましい!

エヴァ・ロンゴリア

テレビシリーズ「デスパレートな妻たち」(2004年~2012年)で一躍人気者になったエヴァ・ロンゴリア。セクシーでチャーミング、振り回し系小悪魔なガブリエル役はエヴァにぴったりだったけれど、実は子どもの頃は自分に自信がなかったのだとか。けれど地元のミスコンで優勝したことをきっかけに自信がつき、タレントオーディションに参加するうちにエージェント契約に至って女優活動を始めました。自分を変えるひとつの手段としてもミスコン出場は有効なのですね。

シャロン・ストーン

シャロンと言えば映画『氷の微笑』(1992年)のノーパン足組みかえが今も語り草になっていますが、彼女のIQが154あって、飛び級で学び、子どもの頃から優秀だったのは広く知られているところ。そんな彼女も17歳のときに地元ペンシルバニアのミスコンに出場して優勝。その時のミスコン審査員のひとりにスカウトされてニューヨークへ出て、モデル活動をスタートさせました。才色兼備とはまさに彼女のこと!

ケイティ・ペリー

芸能活動をするきっかけは人それぞれですが、ミスコンテストに出場していい成績をおさめるのはスターへの第一歩と言えますね。

文=安藤千晴

最終更新:6/28(水) 12:01
dmenu映画