ここから本文です

伊調選手にギネス認定証 五輪レスリング女子4連覇

6/28(水) 10:43配信

デーリー東北新聞社

 昨夏のリオデジャネイロ五輪レスリング女子58キロ級で金メダルを獲得し、女子個人種目初の五輪4連覇を達成した伊調馨選手(33)=青森県八戸市出身、ALSOK=に対する「ギネス世界記録」の公式認定証授与式が27日、東京都内で開かれた。認定証を受けた伊調選手は「4連覇もできて認定証もいただけたのはうれしく思う」と喜びを語った。

 2004年アテネ、08年北京、12年ロンドンの各五輪で63キロ級を制し、リオ五輪でも優勝を飾った伊調選手は、リオ五輪後に、「五輪レスリング女子での最多金メダル獲得数(4回)」と「五輪女子個人での連続最多優勝回数」の二つでギネス世界記録に認定されていた。

 授与式では、小池真理子公式認定員が、伊調選手に二つの認定証を贈呈。終了後の会見で、伊調選手は「レスリングが好きで追求してきた結果で、自分がすごいことを達成した実感はない。すごい人しかいただけないと思っていたギネス世界記録に認定されたのは、不思議な気持ち」と語った。

デーリー東北新聞社