ここから本文です

町田市。候補者の顔ぶれと情勢解説【都議選2017】

6/28(水) 8:00配信

選挙ドットコム

町田市。候補者の顔ぶれと情勢解説【都議選2017】

今回から定数が1増え4人となり、自民党、公明党、民進党の3人の現職に加え、自民党が2議席獲得を目指して2人目の候補者を擁立、共産党、都民ファーストの会、日本維新の会の新人らによる激しい戦いが展開されています。

自民党は、5期目を目指す現職・吉原修氏に加え、市議で新人・市川勝斗氏を擁立し2議席確保を目指します。

吉原氏は、保育園・特養ホームの待機解消や観光、中小企業の支援などを訴え、5期目を目指します。

市川氏は、地元産業や農業振興などに取り組んでいる点をアピールします。

公明党は、都議会副議長・小磯善彦氏が5期目を目指します。公明党の国政比例票は2万票弱から2万2000票余あるものの、小磯氏の得票数は05年4万1000票余、09年4万票余、13年3万3000票余と低下しています。集票力低下の克服が課題です。

共産党は、市議2期の新人・池川友一氏を擁立します。直近2回(14衆、16参)の国政比例票が2万7000票を超えている党勢を議席獲得に結び付ける方針です。

民進党は、現職・今井路加氏が4期目を目指します。子育て子ども政策の充実を訴えます。

都民ファーストの会は、去年の都知事選挙で小池百合子氏が獲得した9万票余の党勢を議席獲得に結びつける考えですが、候補者決定が告示直前までずれ込みました。衆院議員秘書を務めた新人・奥澤高広氏が候補者ですが、態勢づくりや知名度の徹底を急ぎます。

日本維新の会は、新人・海老沢由紀氏を擁立します。海老沢氏は維新政治塾出身で、前回は世田谷区選挙区から立候補したものの落選し、今回は選挙区を変え、維新の会の区議や市議、国会議員秘書らが応援に入り議席獲得を目指します。

現在、全国で13人の地方議員を擁する幸福実現党からは、新人・上田哲次氏が立候補します。

なお、選挙ドットコムで都議選特設サイトを開設し、全42選挙区の立候補者・情勢の解説を行っています。

1/2ページ

最終更新:6/28(水) 8:00
選挙ドットコム