ここから本文です

高岡の伝統産業 中国・旅行会社にアピール/富山

6/28(水) 22:45配信

チューリップテレビ

 中国を代表する旅行会社6社が『曲がる器』で知られる高岡の鋳物メーカー『能作(のうさく)』の工場を訪れ、鋳物(いもの)製作を体験しました。

 旅行会社の担当者は、「中国人観光客にも人気が出る」と話しました。

 今年4月に完成した高岡の鋳物(いもの)メーカー『能作』の工場を視察したのは、中国の大手旅行会社の担当者6人です。
 今回の視察は、年々増加傾向にある、中国人観光客のさらなる誘客を目的に富山や長野など4つの県と国土交通省が一週間の日程で招いたものです。
 旅行会社の担当者は、スタッフから手ほどきを受けながら、原型を形作る木の枠に砂を入れて押し固めたあと、錫(すず)を流しこみ、鋳物が完成するまでの過程を体験しました。
 一行は29日、富山と長野を結ぶ山岳ルート「立山黒部アルペンルート」を視察することにしています。

チューリップテレビ