ここから本文です

熊谷名物かき氷“雪くま”新作お味は 糀甘酒を使用、つぶつぶの食感

6/28(水) 10:30配信

埼玉新聞

 埼玉県の熊谷名物のかき氷「雪くま」の新作発表会が27日、熊谷市役所で開かれた。市内の3店舗がブースを出店し、新商品を来庁者らに無料で提供した。暑さ対策に一役買おうと、今年から熊谷産のコメを原料とした糀(こうじ)甘酒を使用する「熊之糀(くまのこうじ)」シリーズを展開する。

 植竹製菓は、熊之糀の新商品「糀みるく大粒ブルーベリーのせ」を振る舞った。甘酒に牛乳を加えたシロップをふわふわの氷にかけ、ブルーベリーの果実を添えた一品。熊谷市の新井かをりさん(55)は「意外に合いますね。(米糀の)つぶつぶの食感が楽しめる」と満足気だった。

 熊之糀シリーズは、販売店で構成する雪くまのれん会29店舗のうち7店舗で扱い、ジェラートや抹茶ラテ、パンナコッタなどの商品を各店で提供する。

最終更新:6/28(水) 10:30
埼玉新聞